top > profile



Profile

稲葉ゆきえ(料理家)
愛称スヌ子(スヌーピーが大好きで顔も似ているため)。
青山学院大学文学部日本文学科卒業後、(株)婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に入社。
食い倒れる編集者生活を謳歌した後、2児を出産。
育児休暇中に始めた料理ブログで、独創的なアイデアレシピを多数発表。
2009年、自宅で料理教室『スヌ子お料理レッスン』をスタート。
2010年、日本橋に「ギャラリーキッチンKIWI」を開設。
2011年、16年勤務した会社を退社し、料理家として独立。レッスン数を増加。
現レギュラーメンバー数は72名。
同レッスンのメーリングリスト登録者数は326名(2015年2月現在)
雑誌編集者として、またワーキングマザーとしての視点を生かした
手軽で華のあるレシピをレッスン、雑誌、企業誌、web、広告などで公開。
様々なジャンルが入り交じった、新しいおうちごはんのあり方を提案中。

【著書】
酔いどれスヌ子の麗しごはん』(2015年、小学館)
夜ふけのおつまみ』(2017年、角川新書/KADOKAWA)

【テレビ出演】
「スヌ子のぶらり酔いどれ飯」(2017年〜、CSファミリー劇場)番組サイト

【おもな掲載誌】
「Domani」(小学館)連載「スヌ子の徒然めし」(2014年1月〜)
            2015年1月号別冊付録「OTSUMAMIレシピカードブック」
           「美人めし1、2、3」(2013年1〜12月号)
「FRaU」(講談社)「これさえあれば!のお取り寄せ(2013年6〜2015年2月号)
ボルドーワイン委員会「スヌ子のワインなごはん」YouTube動画
ヒューマンアカデミー ビューティ薬膳講座 スペシャル動画レッスン
株式会社ウィズ かき氷機「YukiYuki」添付レシピブック監修
「暮らし上手」(エイ出版社)「STORY」「美st」(光文社)「レタスクラブ」(角川マガジンズ)
「Oggi」(小学館)「CREA」(文藝春秋)
三菱地所レジデンス「レジデンスクラブ」 三越伊勢丹会報誌「プレジール」 
京王百貨店会報誌「tea time」 
コスメブランド「クラランス」フリーペーパー「bell」
美容器具・コスメブランド「フヨウサキナ」会報誌「サキナージュ」など掲載多数。

公式ブログ「酒とごはんとオヤツとスヌ子




畠山泰英(編集者/キウイラボ代表)
海洋学と美学を学んだ後、
朝日新聞の科学誌『サイアス』にて編集者のキャリアをスタート。
以降、『ソトコト』編集部などを経て独立。
2005年、編集プロダクション「クマプロ」(書籍『クマにあったらどうするか』にちなみ)を設立。
2010年「ギャラリーキッチンKIWI」を東京日本橋に開設して、
サイエンス・カフェ「大人の科学バー」と「キウイ寄席」を主宰。
2014年4月に「Web科学バー」創刊(毎週更新中、関連書籍2冊刊行)
全国科学博物館協議会(国立科学博物館)「全科協ニュース」編集委員。
修士(理学)、学芸員資格。
企画編集した書籍は『クマにあったらどうするか』(ちくま文庫)、『88ヶ国ふたり乗り自転車旅』(幻冬舎文庫)
『系統樹をさかのぼって見えてくる進化の歴史』『招かれざる虫』(ともにベレ出版)、『ダニ・マニア』(八坂書房)ほか多数。『軽石 海底火山からのメッセージ』(加藤祐三著、八坂書房)は第30回沖縄タイムス出版文化賞を受賞。
著書に『秋田犬の父 澤田石守衛(木楽舎)がある。
企画制作から販売まで手がける「系統樹マンダラ」シリーズ・両面特大ポスターは【真獣類編】【鳥類=恐竜編】【四足動物編】に続き4作目【霊長類編】は(財)日本モンキーセンターと共同制作。同シリーズは国立科学博物館のミュージアムショップ等で販売中

ブログ「日本橋べったら日記