top > event

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、11月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

魚編vol.8
“魚類の新世界シリーズ”
「フグにまつわるはなし ーフグは食いたし命は惜しし
コクテンフグトラフグ


【内容】
秋になり「フグ漁解禁」のニュースが流れるようになりました。
ユーモラスな姿、おいしい料理、そして時に人の命を脅かすような
毒を持つフグは、日本では2万年前の旧石器時代から食べられていたそう。
そんな長い付き合いのフグにまつわるあれこれを、
『日本産フグ類図鑑』の著者である松浦啓一先生にお話いただきます。
フグとはどういう生きものか、フグの利用、そしてフグの毒について詳しく。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。
※Vol.3「フグとその仲間たち」と一部内容が重なります。

 トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き)
 5,000円(飲食代込み、税別)

【日時】11月16日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 松浦啓一(まつうら けいいち)
 魚類学者、国立科学博物館名誉研究員
 1948年東京生まれ。北海道大学大学院水産学
 研究科博士課程修了。水産学博士。79年、国立
 科学博物館動物研究部研究官となり、室長、
 動物研究部長などを務める。2013年、定年退職。
 在職中、東京大学大学院理学研究科助教授、
 教授を兼任した。元日本魚類学会会長。
 著書に『動物分類学』(東京大学出版会)、
 『黒潮の魚たち』(東海大学出版会、編著)、
 『毒魚の自然史』(北海道大学出版会、編著)など多数。
 『新版 魚』(小学館)ほか、図鑑の監修も多数。

お問い合わせ・お申し込み▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、11月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

満席・キャンセル待ち受付中▶▶▶


 新宇宙編vol.9
「物理学者はいま宇宙をどうとらえているのか



【内容】
宇宙のふしぎを物理学でひも解くエキサイティングな新宇宙編の7回目。
理論物理学者の小林晋平さんによる刺激いっぱいのトークはほぼ数式なし。
縦横無尽に行き交う思考に触れれば、モノの見え方がガラリと変わり、
いつしか世界を面白がる術が身につくはず。金曜日の夜、お酒を片手に、
ゲストの小林さんと物理的思考から無限に広がる、宇宙にまつわる話題を楽しみませんか。
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 トーク+お酒と料理
 ◎トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレーライス付き
 6,000円(飲食代込、税別)

【日時】11月30日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名(22席に増席しました→満席



ゲスト・プロフィール
小林晋平(こばやし・しんぺい)
東京学芸大学准教授。理論物理学者。
長野県生まれ。長野県立長野高等学校卒業後、京都大学理学部
入学。同大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
博士(人間・環境学)取得。東京大学ビッグバン宇宙国際研究
センター研究員、国立群馬工業高等専門学校准教授等を経て現職。
専門は理論物理学、特に相対論・宇宙論および量子重力。
Shinpei Kobayashi’s Page

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、12月のイベント
☆【キウイ寄席 三遊亭遊雀のほろ酔い落語会】☆ 

満席・キャンセル待ち受付中▶▶▶


第44回「今夜はクリスマスだね」
【内容】
 当代人気噺家のひとり、
 三遊亭遊雀師匠を隔月でお迎えして、
 おいしいお酒を飲みながら、
 ほろ酔い気分で落語をお楽しみください。
 個性的なレシピで知られる料理家、
 スヌ子の特製つまみはもうひとつのお楽しみ。 
 お酒は、同じ蔵、同じ酵母の飲み比べなど、
 毎回何かしら趣向を凝らします。

 落語一席、遊雀師匠を囲んでの懇親会、
 たっぷりのお酒、スヌ子特製つまみ付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

 ◎落語会の様子はこちら▷▷▷

【日時】12月25日(火
    19:00~21:30
【定員】17名(25席に増席して満席

【お申し込み】単発(1回)、3回チケットで受付いたします。


【講師プロフィール】
三遊亭遊雀(さんゆうていゆうじゃく)
昭和40年生。寄席定席にはほぼ毎日出演。
浅草演芸ホール、新宿末廣亭などでトリをつとめる。
日暮里「遊雀式 2013」など独演会も積極的に開催。
師匠は「笑点」でお馴染の三遊亭小遊三。
出演のスケジュール等はコチラをご覧ください。
三遊亭遊雀出演情報
○公益社団法人落語芸術協会、三遊亭遊雀プロフィール 
<受賞歴>
平成18年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・金賞」受賞。
平成19年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・大賞」受賞。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、12月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

 水中ロボット編vol.5
世界初!
 南極大陸に上陸して湖底のコケボウズを撮った!


【内容】
これまで見えなかった海の中を見えるようにする研究者、
後藤慎平さんを迎えての「水中ロボット編」5回目。
今年3月、第59次南極地域観測隊から帰国したばかりの後藤さん。
生物学者と組んで、南極湖底に棲息するコケボウズの調査に
挑んだ後藤さんは、今回のために2機の水中ロボットを開発した。
限られた時間と予算の中で自ら手を動かしての制作。
南極という過酷な環境で果たして動くのか? 動かなかったらどうする?
不安と期待を抱えて南極観測船しらせに乗船、南極大陸に着いたのだが…。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 水中ロボットトーク+お酒とつまみ
 ◎トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、ポテサラなどお料理4品、特製カレーライス付き
 6,000円(飲食代込、税別)

【日時】12月7日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 後藤慎平(ごとう しんぺい)
 東京海洋大学助教。大阪生まれ。筑波大学大学院
 博士後期課程修了。博士(工学)。民間企業を経て
 海洋研究開発機構に入所。深海探査機の開発、運用
 に従事。2014年から同機構海洋生物多様性研究分野
 にて、生物研究に不可欠な海洋機器開発に取り組む。
 2015年より現職。雑誌「トラ技 jr」にて「深海の
 エレクトロニクス」を連載中。

お申し込み、お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、12月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

海編vol.33
「日本列島の“地図”を読み解く ー絶景地形から地下資源まで



【内容】 

私たちが暮らしている日本列島の地下はどうなっているのか?
地形図、地質図、地下構造図、地震に見舞われる確率図、
磁気異常、キュリー点深度、日本の金属資源の図などなど。
いろいろな“地図”を読み解くと、日本列島から地球の
成り立ちまでが見えてくる! “地図”の作り方から見方まで、
お酒を片手に、新刊の刊行が間近の後藤忠徳さんと語り合いませんか。
4品の料理と〆の特製カレーをご用意してお待ちしています。

トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、お料理3品・特製カレーライス付き)
 5,000円(飲食代込、税別)

 ◎科学バーの取材映像:
 サイエンスチャンネル提供「NEWS mini」▷▷▷
 ◎ウェブマガジン「科学バー」▷▷▷


【日時】12月17日(月)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 後藤忠徳(ごとう ただのり)
 海の研究者
 大阪生まれ、京都育ち。奈良学園を卒業後、
 神戸大学理学部地球惑星科学科入学。
 学生時代に個性的な先生・先輩達の
 毒気に当てられて(?)研究に目覚める。
 同大学院修士課程修了後、京都大学大学院博士
 後期課程単位取得退学。博士(理学)。
 横須賀の海洋科学技術センターの研究員を経て、
 2008年から京都大学大学院工学研究科准教授。
 光の届かない地下を電磁気を使って照らしだし、
 海底下の巨大地震発生域のイメージ化、
 石油・天然ガスなどの海底資源の
 新しい探査法の確立をめざして奮闘中。
 著書に『海の授業』(幻冬舎)、『地底の科学』(ベレ出版)
『日本列島大変動』(ポプラ社)がある。
 個人ブログ「海の研究者」は、
 地球やエネルギーにまつわる話題を扱い評判に。
 2013年春、海のふしぎ本を幻冬舎から刊行予定。
 趣味は、バイクとお酒(!)と美術鑑賞。
 ○ブログ海の研究者
 ○Web科学バーに連載「地底のふしぎ」連載中


お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、10月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回は1月28日開催予定)

陸貝編vol.1
「寄生虫学者、カタツムリを語る ーロイコクロリディウムから貝殻まで
北海道産陸貝 サッポロマイマイ


【内容】
カタツムリの殻は美しく、ナメクジの姿は愛らしい…。
庭の鉢植え、街中の公園でも出会う身近な生きもの、
陸貝たちの知られざる魅力にひたすらスポットを当てるひととき。
プライベートでは「貝屋」、研究現場では「寄生虫屋」として活躍する
目黒寄生虫館研究員の脇 司さんと、お酒を片手に、実際に殻を触ったり、
眺めたりしながら、陸貝について語りませんか。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き)
 5,000円(飲食代込み、税別)

【日時】10月29日(月)
    19:00~21:30
【定員】17名(22席に増席しました→満席



【ゲスト・プロフィール】
 脇 司(わき つかさ)
 目黒寄生虫館研究員
 1983年生まれ。2014年東京大学農学生命研究科修了。
 博士(農学)。日本学術振興会特別研究員、済州大学校
 博士研究員を経て、2015年から公益財団法人目黒寄生
 虫館研究員に着任。貝類の寄生生物を研究中。フィール
 ドで見つけた貝をコレクションしている。

お問い合わせ・お申し込み▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、9月のイベント
☆【飲みながらお料理レッスン】☆ 

終了しました


お肉の魔術師・高山いさ己シェフに教わる!
おうちで焼けるプロ級ステーキ 〜ひとり1枚ずつ編〜



【内容】
上等なお肉を奮発したとて、なかなか思いどおりに焼けないステーキ。
火力の問題? 使い込んだ鉄のフライパンがないから?
そんなお悩みに、肉王子・高山シェフのおこたえは・・・。
「ずばり!!!普通のおうちの火力でも、
 テフロンのフライパンでも、
 完璧なステーキは焼けるんです!!!」
 え〜〜〜〜!!!ほんとに!?
そんな魔法があるならどうしても知りたい!
というお肉Loverたちのご要望を受け、特別に教えていただくことに。
お肉のメカニズムを学びつつ焼き上げる、実習型のレッスンです。
一部の名店のみにしか卸していない、伝説のにぼバターのお味見も!
みなさまのご参加、お待ちしております。

ステーキ焼き実習、サイドディッシュ2品、ワイン1杯付き
 10,000円(税込)

【日時】9月30日(日)
    12:00~14:00
【定員】12名満席



講師・プロフィール
高山いさ己シェフ
浅草の人気焼肉店の次男として誕生、週6日焼肉を
食べて成長。18歳から料理の道へ。2002年に渡伊
後、都内数店でシェフを務めた後、2007年「カル
ネヤ」(東京・神楽坂)、2015年「カルネヤサノ
マンズ」(東京・西麻布)オープン。熟成肉の魔
術師として「キッチンが走る!」(NHK)などに
も出演。2017年煮干しの旨味を追求したパスタの
「si.si.煮干啖」(東京・日本橋)オープン、3店
舗オーナーシェフとしていよいよ脂が乗っている。
豪胆な競馬予想でも知られ、競馬専門誌に連載も。
si.si.煮干啖

お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

11月以降のレッスンとイベント
(11.12
◎スヌ子お料理レッスン
「おてがる」「おもてなし」
「酔いどれクラス」
NEW!「おせちレッスン」開催!
12/16, 12/22, 12/30
◎科学バー魚編vol.8
11月16日(金)受付中!
◎科学バー新宇宙編vol.9
11月30日(金)満席
◎科学バー水中ロボット編vol.5
12月7日(金)受付中!
◎科学バー海編vol.33
12月17日(月)受付中!
◎第44回キウイ寄席
12月25日(火)満席
出演:三遊亭遊雀
☆レシピ本好評発売中!
◎「系統樹マンダラ」シリーズ
国立科学博物館ミュージアムショップにて好評発売中!
◎Web科学バー(10.10更新)
ブログ(更新中)
◎スヌ子ブログ(10.23更新)
◎べったらブログ(10.17更新)
これまでの好評イベント
落語会、科学バー、中華、ポン酢味比べ
メディア掲載
◎テレビ出演(CSファミリー劇場)
◎Domani, VoCEほか多数
キッチンスタジオご利用例
料理教室、イベントなど