top > event

キウイラボがお届けする
2月以降のイベント

これまでの好評イベント一覧(2011年〜)

キウイラボがお届けする、2月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

残席わずか・お申し込み受付中▶▶▶

海編vol.34
「海底のデコボコを探る! ー地形図から探査法まで



【内容】 

海底は平たいと思われがちだが、実は起伏に富んでいる。
海底が生まれる海嶺、海底火山、深さ1万mを超える海溝といった、
大きな凸凹から、小さな岩場、砂場、崖まで。
海水があるためにふだんは見えない海底は一体どうなっているのか!?
その実際の様子から、最新の探査法まで、
お酒を片手に、地底の専門家である後藤忠徳さんと語り合いませんか。
4品の料理と〆の特製カレーをご用意してお待ちしています。

 たっぷりのお酒、お料理3品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込、税別)

 ◎科学バーの取材映像:
 サイエンスチャンネル提供「NEWS mini」▷▷▷
 ◎ウェブマガジン「科学バー」▷▷▷


【日時】2月22日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 後藤忠徳(ごとう ただのり)
 海の研究者
 大阪生まれ、京都育ち。奈良学園を卒業後、
 神戸大学理学部地球惑星科学科入学。
 学生時代に個性的な先生・先輩達の
 毒気に当てられて(?)研究に目覚める。
 同大学院修士課程修了後、京都大学大学院博士
 後期課程単位取得退学。博士(理学)。
 横須賀の海洋科学技術センターの研究員を経て、
 2008年から京都大学大学院工学研究科准教授。
 光の届かない地下を電磁気を使って照らしだし、
 海底下の巨大地震発生域のイメージ化、
 石油・天然ガスなどの海底資源の
 新しい探査法の確立をめざして奮闘中。
 著書に『海の授業』(幻冬舎)、『地底の科学』(ベレ出版)
『日本列島大変動』(ポプラ社)がある。
 個人ブログ「海の研究者」は、
 地球やエネルギーにまつわる話題を扱い評判に。
 2013年春、海のふしぎ本を幻冬舎から刊行予定。
 趣味は、バイクとお酒(!)と美術鑑賞。
 ○ブログ海の研究者
 ○Web科学バーに連載「地底のふしぎ」連載中


お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、3月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶


 新宇宙編vol.10
「物理学者のアタマの中に描かれている宇宙



【内容】
宇宙のふしぎを物理学でひも解くエキサイティングな新宇宙編の9回目。
理論物理学者の小林晋平さんによる刺激いっぱいのトークはほぼ数式なし。
縦横無尽に行き交う思考に触れれば、モノの見え方がガラリと変わり、
いつしか世界を面白がる術が身につくはず。金曜日の夜、お酒を片手に、
ゲストの小林さんと物理的思考から無限に広がる、宇宙にまつわる話題を楽しみませんか。
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレーライス付き

 6,000円(飲食代込、税別)

【日時】3月8日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名(→さらに増席しました!)



ゲスト・プロフィール
小林晋平(こばやし・しんぺい)
東京学芸大学准教授。理論物理学者。
長野県生まれ。長野県立長野高等学校卒業後、京都大学理学部
入学。同大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
博士(人間・環境学)取得。東京大学ビッグバン宇宙国際研究
センター研究員、国立群馬工業高等専門学校准教授等を経て現職。
専門は理論物理学、特に相対論・宇宙論および量子重力。
著書に『ブラックホールと時空の方程式』(森北出版)がある。
Shinpei Kobayashi’s Page

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、1月のイベント
☆【キウイ寄席 三遊亭遊雀のほろ酔い落語会】☆ 

終了しました(次回は3月18日開催予定)


第45回「新春初笑い」
【内容】
 当代人気噺家のひとり、
 三遊亭遊雀師匠を隔月でお迎えして、
 おいしいお酒を飲みながら、
 ほろ酔い気分で落語をお楽しみください。
 個性的なレシピで知られる料理家、
 スヌ子の特製つまみはもうひとつのお楽しみ。 
 お酒は、同じ蔵、同じ酵母の飲み比べなど、
 毎回何かしら趣向を凝らします。

 落語一席、遊雀師匠を囲んでの懇親会、
 たっぷりのお酒、スヌ子特製つまみ付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

 ◎落語会の様子はこちら▷▷▷

【日時】2019年1月16日(水
    19:00~21:30
【定員】17名(25席に増席して満席

【お申し込み】単発(1回)、3回チケットで受付いたします。


【講師プロフィール】
三遊亭遊雀(さんゆうていゆうじゃく)
昭和40年生。寄席定席にはほぼ毎日出演。
浅草演芸ホール、新宿末廣亭などでトリをつとめる。
日暮里「遊雀式 2013」など独演会も積極的に開催。
師匠は「笑点」でお馴染の三遊亭小遊三。
出演のスケジュール等はコチラをご覧ください。
三遊亭遊雀出演情報
○公益社団法人落語芸術協会、三遊亭遊雀プロフィール 
<受賞歴>
平成18年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・金賞」受賞。
平成19年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・大賞」受賞。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、3月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

 水中ロボット編vol.6
「深海探査の最前線! 探査機をつくる技術と動かすノウハウ


【内容】
これまで見えなかった海の中を見えるようにする研究者、
後藤慎平さんを迎えての「水中ロボット編」6回目。
南極編に一区切りをつけて、改めて深海探査で活躍する
水中ロボットの歴史から最新技術までを追っていきます。
ROV(遠隔操縦型無人潜水機)、AUV(自律型無人潜水機)はどうやって動くのか、
これからどんな海洋探査にチャレンジしようとしているのか!?
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 水中ロボットトーク+お酒とつまみ
 ◎トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、ポテサラなどお料理4品、特製カレーライス付き
 6,000円(飲食代込、税別)

【日時】3月25日(月)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 後藤慎平(ごとう しんぺい)
 東京海洋大学助教。大阪生まれ。筑波大学大学院
 博士後期課程修了。博士(工学)。民間企業を経て
 海洋研究開発機構に入所。深海探査機の開発、運用
 に従事。2014年から同機構海洋生物多様性研究分野
 にて、生物研究に不可欠な海洋機器開発に取り組む。
 2015年より現職。雑誌「トラ技 jr」にて「深海の
 エレクトロニクス」を連載中。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

キウイラボがお届けする、1月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回開催予定あり)

陸貝編vol.2
「地味!? かわいい!? カタツムリ・ナメクジ図鑑」


【内容】
カタツムリの殻は美しく、ナメクジの姿は愛らしい…。
庭の鉢植え、街中の公園でも出会う身近な生きもの、
陸貝たちの知られざる魅力にひたすらスポットを当てるひととき。
プライベートでは「貝屋」、研究現場では「寄生虫屋」として活躍する
目黒寄生虫館研究員の脇 司さんと、お酒を片手に、実際に殻を触ったり、
眺めたりしながら、こころもち地味な日本の陸貝と
ちょっとおしゃまな海外の陸貝について語りませんか。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

【日時】1月28日(月)
    19:00~21:30
【定員】17名(好評につき増席しました→22席・満席



【ゲスト・プロフィール】
 脇 司(わき つかさ)
 目黒寄生虫館研究員
 1983年生まれ。2014年東京大学農学生命研究科修了。
 博士(農学)。日本学術振興会特別研究員、済州大学校
 博士研究員を経て、2015年から公益財団法人目黒寄生
 虫館研究員に着任。貝類の寄生生物を研究中。フィール
 ドで見つけた貝をコレクションしている。

お問い合わせ・お申し込み▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、2月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回開催予定あり)

魚編vol.9
「エイはどうして平たいのか ー羽ばたいて泳ぐサメの仲間」
ナンヨウマンタ(写真:佐藤圭一)


【内容】
エイはサメの仲間だとご存知でしたか?
ほかの魚とはまったく違う平たい姿でひらひら泳ぐエイ。
水族館の人気者で、ダイバー垂涎の魚なのに、
その生態はあまり知られていないのではないでしょうか。
今回は、魚類学者の松浦啓一先生に、エイとはどういう生きものか、
エイの生態から人との関わりまで詳しくお話しいただきます。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

【日時】2019年2月15日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 松浦啓一(まつうら けいいち)
 魚類学者、国立科学博物館名誉研究員
 1948年東京生まれ。北海道大学大学院水産学
 研究科博士課程修了。水産学博士。79年、国立
 科学博物館動物研究部研究官となり、室長、
 動物研究部長などを務める。2013年、定年退職。
 在職中、東京大学大学院理学研究科助教授、
 教授を兼任した。元日本魚類学会会長。
 著書に『動物分類学』(東京大学出版会)、
 『黒潮の魚たち』(東海大学出版会、編著)、
 『毒魚の自然史』(北海道大学出版会、編著)など多数。
 『新版 魚』(小学館)ほか、図鑑の監修も多数。

お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、1月のイベント
☆【飲みながらお料理レッスン】☆ 

終了しました


お肉の魔術師・高山いさ己シェフに教わる!
おうちで焼けるプロ級ステーキ 〜ひとり1枚ずつ編〜



【内容】
上等なお肉を奮発したとて、なかなか思いどおりに焼けないステーキ。
火力の問題? 使い込んだ鉄のフライパンがないから?
そんなお悩みに、肉王子・高山シェフのおこたえは・・・。
「ずばり!!!普通のおうちの火力でも、
 テフロンのフライパンでも、
 完璧なステーキは焼けるんです!!!」
 え〜〜〜〜!!!ほんとに!?
そんな魔法があるならどうしても知りたい!
というお肉Loverたちのご要望を受け、特別に教えていただくことに。
お肉のメカニズムを学びつつ焼き上げる、実習型のレッスンです。
一部の名店のみにしか卸していない、伝説のにぼバターのお味見も!
みなさまのご参加、お待ちしております。

ステーキ焼き実習、サイドディッシュ2品、ワイン1杯付き
 10,000円(税込)

【日時】1月27日(日)
    12:00~14:00
【定員】12名



講師・プロフィール
高山いさ己シェフ
浅草の人気焼肉店の次男として誕生、週6日焼肉を
食べて成長。18歳から料理の道へ。2002年に渡伊
後、都内数店でシェフを務めた後、2007年「カル
ネヤ」(東京・神楽坂)、2015年「カルネヤサノ
マンズ」(東京・西麻布)オープン。熟成肉の魔
術師として「キッチンが走る!」(NHK)などに
も出演。2017年煮干しの旨味を追求したパスタの
「si.si.煮干啖」(東京・日本橋)オープン、3店
舗オーナーシェフとしていよいよ脂が乗っている。
豪胆な競馬予想でも知られ、競馬専門誌に連載も。
si.si.煮干啖

お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

2月以降のレッスンとイベント
(2.16
◎スヌ子お料理レッスン
おてがるおもてなし
酔いどれ」「リクエスト
◎科学バー海編vol.34
2月22日(金)残席わずか!
◎科学バー新宇宙編vol.10
3月8日(金)残席わずか!
◎科学バー水中ロボット編vol.6
3月25日(月)受付中!
◎第46回キウイ寄席
3月18日(月)近日受付
出演:三遊亭遊雀
☆レシピ本好評発売中!
◎「系統樹マンダラ」シリーズ
国立科学博物館ミュージアムショップにて好評発売中!
◎Web科学バー(1.23更新)
ブログ(更新中)
◎スヌ子ブログ(1.15更新)
◎べったらブログ(1.21更新)
これまでの好評イベント
落語会、科学バー、中華、ポン酢味比べ
メディア掲載
◎テレビ出演(CSファミリー劇場)
◎Domani, VoCEほか多数
キッチンスタジオご利用例
料理教室、イベントなど