top > event

10月・11月のイベント

これまでの好評イベント一覧(2011年〜)

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、10月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

残席僅か受付中▶▶▶

  海編vol.28
 「いま日本の地底で何が起こっているのか?















【内容】 
いま日本に暮らす限り、常に気になるのは地震のこと。
いったい日本の地底では何が起こっているのだろうか?
地震と火山のこと、地震予知計画とはなんだったのか?
『地底の科学』(ベレ出版)の著者でもある後藤忠徳さんと一緒に、
お酒を飲みながら、地底のこと、地球のことを語りませんか。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。


トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、お料理3品・特製カレーライス付き)
 5,000円(税込)

 ◎科学バーの取材映像:
 サイエンスチャンネル提供「NEWS mini」▷▷▷
 ◎ウェブマガジン「科学バー」▷▷▷


【日時】10月24日(火)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 後藤忠徳(ごとう ただのり)
 海の研究者
 大阪生まれ、京都育ち。奈良学園を卒業後、
 神戸大学理学部地球惑星科学科入学。
 学生時代に個性的な先生・先輩達の
 毒気に当てられて(?)研究に目覚める。
 同大学院修士課程修了後、京都大学大学院博士
 後期課程単位取得退学。博士(理学)。
 横須賀の海洋科学技術センターの研究員を経て、
 2008年から京都大学大学院工学研究科准教授。
 光の届かない地下を電磁気を使って照らしだし、
 海底下の巨大地震発生域のイメージ化、
 石油・天然ガスなどの海底資源の
 新しい探査法の確立をめざして奮闘中。
 著書に『海の授業』(幻冬舎)、
 『地底の科学』(ベレ出版)がある。
 個人ブログ「海の研究者」は、
 地球やエネルギーにまつわる話題を扱い評判に。
 2013年春、海のふしぎ本を幻冬舎から刊行予定。
 趣味は、バイクとお酒(!)と美術鑑賞。
 ○ブログ海の研究者
 ○Web科学バーに連載「地底のふしぎ」連載中


お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、10月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

魚編vol.3
「フグとその仲間たち ー多様性と毒の謎に迫る
撮影:伊藤公昭撮影:大方洋二
撮影:相良恒太郎撮影:大方洋二






【内容】 
全長3.5メートルになるマンボウもフグの仲間って知っていましたか?
『したたかな魚たち』(角川新書)の著者で魚類学者の松浦啓一先生が、
フグの仲間の中でも全世界で190種と特に多様性の高い
フグ科の魚たちの生態や、当たると怖いフグ毒にまつわる話をしてくださいます。
お酒を片手にゲストの松浦先生とどっぷり魚の話に浸りませんか。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き)
 5,000円(税込)

【日時】10月31日(火)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 松浦啓一(まつうら けいいち)
 魚類学者、国立科学博物館名誉研究員
 1948年東京生まれ。北海道大学大学院水産学
 研究科博士課程修了。水産学博士。79年、国立
 科学博物館動物研究部研究官となり、室長、
 動物研究部長などを務める。2013年、定年退職。
 在職中、東京大学大学院理学研究科助教授、
 教授を兼任した。元日本魚類学会会長。
 著書に『動物分類学』(東京大学出版会)、
 『黒潮の魚たち』(東海大学出版会、編著)、
 『毒魚の自然史』(北海道大学出版会、編著)など多数。
 『新版 魚』(小学館)ほか、図鑑の監修も多数。

お問い合わせ・お申し込み▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、11月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

残席僅か受付中▶▶▶

洞窟編vol.1
新刊『素晴らしき洞窟探検の世界』(ちくま新書)刊行記念
 「僕が見てきた すごい洞窟















【内容】 
地球上に残された人類未踏の地=洞窟を探検する吉田勝次さん。
湧き出る好奇心に突き動かされるまま、近々も、ラオス、
ボリビア、沖永良部島、西表島の洞窟を探検したばかり。
これまで国内外1000の洞窟に潜り、写真を撮影してきた吉田さんが
これはすごい! と思う洞窟とは!?
お酒片手に、吉田さんと一緒にどっぷり探検気分に浸りませんか。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、お料理3品・特製カレーライス付き)
 6,000円(税込)

 ◎科学バーの取材映像:
 サイエンスチャンネル提供「NEWS mini」▷▷▷
 ◎ウェブマガジン「科学バー」▷▷▷


【日時】11月6日(月)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 吉田勝次(よしだ かつじ)
 洞窟探検家・洞窟写真家
1966年、大阪生まれ。国内外1000超の洞窟を探検・調査してきた
日本を代表する洞窟探検家、洞窟写真家。(社)日本ケイビング連盟
会長。洞窟のプロガイドとして、TV撮影のガイドサポート、学術探査、
研究機関からのサンプリング依頼、各種レスキューなど幅広く活動。
THE NATIONAL SPELEOLOGICAL SOCIETY(米国洞窟協会会員)。
(有)勝建代表取締役。同社内の探検ガイド事業部「地球探検社」主宰。
ほか探検チームJ.E.T (Japan Exploration Team) と洞窟探検プロガイド
チーム「チャオ」の代表。個人ブログ「洞窟探検家・吉田勝次の足跡!」では
日々の暮らしから最近の海外遠征まで吉田節で綴る(動画あり)。
甘いものに目がない。著書に『洞窟ばか』(扶桑社)がある。

 ○ブログ洞窟探検家・吉田勝次の足跡!
 ○Web科学バーに連載「世界洞窟探検紀行」連載中


お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、11月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

 ネイチャー編vol.7
森の動物たちの暮らし ーいのちを繋ぐ“衣・食・住”」

写真:大竹英洋
【内容】
 ゲストの大竹英洋さんは自然写真家として、
 北アメリカ湖水地方「ノースウッズ」に通い続けて18年。
 野生動物たちに近い環境で長期キャンプを重ねてきました。
 そうした経験を踏まえて、今回は「生き物としての“衣・食・住”」を
 テーマに、アビやフクロウの子育て、オオカミやホッキョクグマの巣穴など、
 貴重な写真と映像を通して、北国の動物たちの暮らしを見つめます。
 また、原野のキャンプ生活を快適に過ごす方法や、
 キャンプ・フードやジビエの魅力も!
 当夜は、たっぷりのお酒と料理4品、〆には特製カレーを召し上がれ。

 トーク+お酒と料理
 ◎トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレー付き
 6,000円(税込)

【日時】11月23日(祝・木)
    17:00~19:30
【定員】17

 科学バー<ネイチャー編>の様子▷▷▷


【ゲスト・プロフィール】
 大竹英洋(おおたけ ひでひろ)
 自然写真家
 一橋大学社会学部卒業。1999年から
 北アメリカの湖水地方「ノースウッズ」を
 フィールドに、野生動物や人々の暮らしを撮影。
 写真絵本に『ノースウッズの森で』(福音館書店)。
 2011年NHKBS『ワイルドライフ』に案内人として出演。
 「ナショナルジオグラフィック日本版」の
 ウェブサイトにて連載したフォトエッセイをまとめ、
 『そして、ぼくは旅に出た。:はじまりのノースウッズ』
 (あすなろ書房)を上梓した。

お申し込み、お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、11月のイベント
☆【キウイ寄席 三遊亭遊雀のほろ酔い落語会】☆ 

満席・キャンセル待ち受付中▶▶▶



第38回「もう晩秋だね」

【内容】
 当代人気噺家のひとり、
 三遊亭遊雀師匠を隔月でお迎えして、
 おいしいお酒を飲みながら、
 ほろ酔い気分で落語をお楽しみください。
 個性的なレシピで知られる料理家、
 スヌ子の特製つまみはもうひとつのお楽しみ。 
 お酒は、同じ蔵、同じ酵母の飲み比べなど、
 毎回何かしら趣向を凝らします。

 落語一席、遊雀師匠を囲んでの懇親会、
 たっぷりのお酒、スヌ子特製つまみ付き
 5,000円(税込)

 ◎落語会の様子はこちら▷▷▷

【日時】11月21日(火
    19:00~21:30
【定員】20名
【お申し込み】単発(1回)、3回チケットで受付いたします。


【講師プロフィール】
三遊亭遊雀(さんゆうていゆうじゃく)
昭和40年生。寄席定席にはほぼ毎日出演。
浅草演芸ホール、新宿末廣亭などでトリをつとめる。
日暮里「遊雀式 2013」など独演会も積極的に開催。
師匠は「笑点」でお馴染の三遊亭小遊三。
出演のスケジュール等はコチラをご覧ください。
三遊亭遊雀出演情報
○公益社団法人落語芸術協会、三遊亭遊雀プロフィール 
<受賞歴>
平成18年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・金賞」受賞。
平成19年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・大賞」受賞。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

ギャラリーキッチンKIWIがお届けする、9月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回は12月8日開催予定)


 新宇宙編vol.3
「物理学者の目で見る宇宙



【内容】
宇宙のふしぎを物理学でひも解くエキサイティングな新宇宙編の3回目。
理論物理学者の小林晋平さんによる刺激いっぱいのトークはほぼ数式なし。
縦横無尽に行き交う思考に触れれば、モノの見え方がガラリと変わり、
いつしか世界を面白がる術が身につくはず。金曜日の夜、お酒を片手に、
ゲストの小林さんと物理的思考から無限に広がる、宇宙にまつわる話題を楽しみませんか。
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 トーク+お酒と料理
 ◎トークにご参加の際は飲食代が別途かかります。
 (たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレー付き
 6,000円(税込)

【日時】9月15日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名(増席して満席



ゲスト・プロフィール
小林晋平(こばやし・しんぺい)
東京学芸大学准教授。理論物理学者。
長野県生まれ。長野県立長野高等学校卒業後、京都大学理学部
入学。同大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
博士(人間・環境学)取得。東京大学ビッグバン宇宙国際研究
センター研究員、国立群馬工業高等専門学校准教授等を経て現職。
専門は理論物理学、特に相対論・宇宙論および量子重力。
Shinpei Kobayashi’s Page

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

10月以降のレッスンとイベント
(10.17
◎スヌ子お料理レッスン
◎テレビ番組・好評放映中!
◎レンタルキッチン
お気軽にご相談ください
◎科学バー・海編vol.28
10月24日(火)残席僅か受付中
◎科学バー・魚編vol.3
10月31日(火)受付中
◎科学バー・洞窟編vol.1
11月6日(月)残席僅か受付中
◎第38回キウイ寄席
11月21日(火) 満席
◎科学バー・ネイチャー編vol.7
11月23日(祝)受付中
☆レシピ本好評発売中!
◎「系統樹マンダラ」シリーズ
国立科学博物館ミュージアムショップにて好評発売中!
◎Web科学バー
ブログ(更新中)
◎スヌ子ブログ(10.15更新)
◎べったらブログ(9.30更新)
これまでの好評イベント
落語会、科学バー、中華、ポン酢味比べ
メディア掲載
◎テレビ出演(CSファミリー劇場)
◎Domani, VoCEほか多数
キッチンスタジオご利用例
料理教室、イベントなど