top > event

キウイラボがお届けする
1月以降のイベント

過去のイベント一覧(2011年〜)
イベントの様子はFacebook(キウイラボ)Facebook(科学バー)Twitter(科学バー)でも発信しています

キウイラボがお届けする、1月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

残席僅か・申し込み受付中▶▶▶

魚編vol.13
「もっともミステリアスな魚、ウナギ ーその進化と生態に迫る!
ニホンウナギ(写真提供:渡邊俊氏)


【内容】
細長い胴体をくねくねしながら泳ぐウナギ。
その嗅覚はイヌ並みに鋭く、成魚は貧欲な肉食系。
絶滅危惧種に指定される一方で、完全養殖の研究が成果を出し始めています。
昨今、何かと世間の話題となるニホンウナギを含む
ウナギ科(ウナギ属)19種にまつわる不思議を、
魚類学者の松浦啓一先生に詳しくお話しいただきます。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

【日時】2020年1月21日(火)
    19:00~21:30
【定員】17名(20席に増席→残席僅か)



【ゲスト・プロフィール】
松浦啓一(まつうら けいいち)
魚類学者、国立科学博物館名誉研究員
1948年東京生まれ。北海道大学大学院水産学
研究科博士課程修了。水産学博士。79年、国立
科学博物館動物研究部研究官となり、室長、
動物研究部長などを務める。2013年、定年退職。
在職中、東京大学大学院理学研究科助教授、
教授を兼任した。元日本魚類学会会長。
著書に『動物分類学』(東京大学出版会)、
『黒潮の魚たち』(東海大学出版会、編著)、
『毒魚の自然史』(北海道大学出版会、編著)など多数。
『新版 魚』(小学館)ほか、図鑑の監修も多数。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、1月のイベント
☆【キウイ寄席 三遊亭遊雀のほろ酔い落語会】☆ 

満席▶▶▶


第56回「寒さも本番だね」
【内容】
 当代人気噺家のひとり、
 三遊亭遊雀師匠を隔月でお迎えして、
 おいしいお酒を飲みながら、
 ほろ酔い気分で落語をお楽しみください。
 個性的なレシピで知られる料理家、
 スヌ子の特製つまみはもうひとつのお楽しみ。 
 お酒は、同じ蔵、同じ酵母の飲み比べなど、
 毎回何かしら趣向を凝らします。

 落語一席、遊雀師匠を囲んでの懇親会、
 たっぷりのお酒、スヌ子特製つまみ付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

 ◎落語会の様子はこちら▷▷▷

【日時】2020年1月30日(木
    19:00~21:30
【定員】17名

【お申し込み】単発(1回)、3回チケットで受付いたします。


【講師プロフィール】
三遊亭遊雀(さんゆうていゆうじゃく)
昭和40年生。寄席定席にはほぼ毎日出演。
浅草演芸ホール、新宿末廣亭などでトリをつとめる。
日暮里「遊雀式 2013」など独演会も積極的に開催。
師匠は「笑点」でお馴染の三遊亭小遊三。
出演のスケジュール等はコチラをご覧ください。
三遊亭遊雀出演情報
○公益社団法人落語芸術協会、三遊亭遊雀プロフィール 
<受賞歴>
平成18年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・金賞」受賞。
平成19年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・大賞」受賞。

お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、2月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

満席・キャンセル待ち受付中▶▶▶

ワイン編vol.0
「シャンパーニュの誕生 ー泡の事故が生んだ幸福
©️ŒNOLUTION


【内容】
日本で日常的にワインが飲まれるようになって30年あまり。
私たちは日本にいながら、フランスやドイツのワインからはじまり、
チリやスペインの安旨ワインを経て、カリフォルニアのおいしい
ワインを楽しみつつ、国産の良質なワインも当たり前のように
飲める時代を迎えました。そして次の時代はどうなるの?という今、
日本を代表するワイン醸造家の川邉久之さんと、グラス片手に
ワインの話にどっぷりつかりませんか。
今回は、みんな大好きシャンパーニュの誕生に隠された秘話。
“逆転の発想”から始まった、安酒産地からの脱却物語です。

 たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

【日時】2月14日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名(→22席に増席して満席

©️ŒNOLUTION
【ゲスト・プロフィール】
川邉 久之(かわべ ひさゆき)
ワイン醸造家、ŒNOLUTION代表
1963年愛知県生まれ。1988年東京農業大学
醸造学科卒業、同年渡米。カリフォルニアの
ナパ・ヴァレーで15年間、日本人初となる
ワインメーカー兼ワイナリー長としてワイン
ビジネスに携わる。帰国後、ワイン醸造コン
サルタント、醸造専門学校講師、ワイン品評
会審査員、(株)高畠ワイナリー 取締役製造
部長を経て、2019年にŒNOLUTION設立。
エノログ(ワイン醸造技術管理士)、葡萄酒
技術研究会理事。国立科学博物館の特別展
「ワイン展」講演会で講師を務めるなど、
ワイン醸造の奥深い世界を科学的な見地から
語ることができるスペシャリスト。趣味は、
ビンテージカメラ、エレキギター、美味しい
珈琲の淹れかた探し。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、2月のイベント
☆【キウイ寄席 三遊亭遊雀のほろ酔い落語会】☆ 

満席・キャンセル待ち受付中


第57回「もうすぐ春だね」
【内容】
 当代人気噺家のひとり、
 三遊亭遊雀師匠を隔月でお迎えして、
 おいしいお酒を飲みながら、
 ほろ酔い気分で落語をお楽しみください。
 個性的なレシピで知られる料理家、
 スヌ子の特製つまみはもうひとつのお楽しみ。 
 お酒は、同じ蔵、同じ酵母の飲み比べなど、
 毎回何かしら趣向を凝らします。

 落語一席、遊雀師匠を囲んでの懇親会、
 たっぷりのお酒、スヌ子特製つまみ付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

 ◎落語会の様子はこちら▷▷▷

【日時】2月17日(月
    19:00~21:30
【定員】17名(→好評につき24席に増席して満席

【お申し込み】単発(1回)、3回チケットで受付いたします。


【講師プロフィール】
三遊亭遊雀(さんゆうていゆうじゃく)
昭和40年生。寄席定席にはほぼ毎日出演。
浅草演芸ホール、新宿末廣亭などでトリをつとめる。
日暮里「遊雀式 2013」など独演会も積極的に開催。
師匠は「笑点」でお馴染の三遊亭小遊三。
出演のスケジュール等はコチラをご覧ください。
三遊亭遊雀出演情報
○公益社団法人落語芸術協会、三遊亭遊雀プロフィール 
<受賞歴>
平成18年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・金賞」受賞。
平成19年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・大賞」受賞。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、2月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

 新宇宙編vol.13
物理学者が見ている宇宙のすがた



【内容】
宇宙のふしぎを物理学でひも解くエキサイティングな新宇宙編の13回目。
理論物理学者の小林晋平さんによる刺激いっぱいのトークはほぼ数式なし。
縦横無尽に行き交う思考に触れれば、モノの見え方がガラリと変わり、
いつしか世界を面白がる術が身につくはず。金曜日の夜、お酒を片手に、
ゲストの小林さんと物理的思考から無限に広がる、
宇宙にまつわる話題を楽しみませんか。
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレーライス付き
6,000円(飲食代込、税別)

【日時】2月21日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



ゲスト・プロフィール
小林晋平(こばやし しんぺい)
理論物理学者、東京学芸大学准教授
長野県生まれ。長野県立長野高等学校卒業後、京都大学理学部
入学。同大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
博士(人間・環境学)取得。東京大学ビッグバン宇宙国際研究
センター研究員、国立群馬工業高等専門学校准教授等を経て現職。
専門は理論物理学、特に相対論・宇宙論および量子重力。
著書に『ブラックホールと時空の方程式』(森北出版)がある。
Shinpei Kobayashi’s Page

お申込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、2月のイベント
☆【飲みながらお料理レッスン】☆ 

ウエイティング受付中▶▶▶


お肉の魔術師・高山いさ己シェフに教わる!
おうちで焼けるプロ級ステーキ&揚げないビフカツ 
〜ひとり1枚ずつ編〜
※ステーキとビフカツレッスンは異なる内容で、隔月で交互にレッスンを行います。



【内容】
内容: ステーキまたはビフカツ実習、サイドディッシュ2品、ワイン1杯つき 
参加費:10,000円(税別)
定員: 12名

上等なお肉を奮発したとて、なかなか思いどおりに焼けないステーキ。
火力の問題? 使い込んだ鉄のフライパンがないから?
そんなお悩みに、肉王子・高山シェフのおこたえは・・・。
「ずばり!!!普通のおうちの火力でも、テフロンのフライパンでも、完璧なステーキは焼けるんです!!!」
え〜〜〜〜!!!ほんと!? そんな魔法があるならどうしても知りたい!
というお肉Loverたちの要望を受け、特別に教えていただくことに。
お肉のメカニズムを学びつつ焼き上げる、実習型のレッスンです。

またステーキレッスンを終えた方からのリクエストにより、
2019年12月からは「パレルモ風揚げないビフカツ」レッスンも始まりました。
開講日は原則日曜日、ステーキとビフカツは交互に隔月で開講いたします。
ご参加希望の方は、フルネームとお電話番号、ステーキかビフカツかを明記のうえお申し込みいただければ、
ウエイティングリストに登録させていただき、お席がご用意でき次第、案内をお送りします。
席数が限られているため、お待たせして申し訳ございません。

一部の名店のみにしか卸していない、伝説のにぼバターのお味見も!
みなさまのご参加、お待ちしております。

講師・プロフィール
高山いさ己シェフ
浅草の人気焼肉店の次男として誕生、週6日焼肉を
食べて成長。18歳から料理の道へ。2002年に渡伊
後、都内数店でシェフを務めた後、2007年「カル
ネヤ」(東京・神楽坂)、2015年「カルネヤサノ
マンズ」(東京・西麻布)オープン。熟成肉の魔
術師として「キッチンが走る!」(NHK)などに
も出演。2017年煮干しの旨味を追求したパスタの
「si.si.煮干啖」(東京・日本橋)オープン、3店
舗オーナーシェフとしていよいよ脂が乗っている。
豪胆な競馬予想でも知られ、競馬専門誌に連載も。
si.si.煮干啖

お申込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、11月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回3月17日開催予定)

 水中ロボット編vol.8
 新型G-SHOCK『GWF-D1000ARR』発売記念
「水中ロボットはいかにして進むのか 
 ー南極ROVの航法装置はG-SHOCKだった!
カシオ社サイトより(https://g-shock.jp/products/mog/frogman/rov/)
【内容】
これまで見えなかった海の中を見えるようにする研究者、
後藤慎平さんを迎えての「水中ロボット編」8回目。
世界の海で活躍する「ROV(遠隔操縦型無人潜水機)」は、
GPSなど電波の届かない水中でどうやって進んでいくのだろうか。
実は極寒の南極湖沼調査で航法装置として採用されたのはG-SHOCKだった。
今回は、ROVの航法装置の基礎から、記念モデルG-SHOCK開発秘話まで大公開!
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレーライス付き
6,000円(飲食代込、税別)

【日時】11月8日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名(22席に増席しました)



【ゲスト・プロフィール】
 後藤慎平(ごとう しんぺい)
東京海洋大学 助教
大阪生まれ。筑波大学大学院博士後期課程修了。
博士(工学)。民間企業を経て海洋研究開発機構に入所。
深海探査機の開発、運用に従事。2014年から同機構海洋
生物多様性研究分野にて、生物研究に不可欠な海洋機器
開発に取り組む。2015年より現職。著書に『深海探査
ロボット大解剖&ミニROV製作』(CQ出版)がある。
雑誌「トラ技 jr」にて「深海のエレクトロニクス」を連載中。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、12月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回3月26日開催予定)

新ロケット編vol.3
『宇宙はどこまで行けるか』を読み解くシリーズ
「人工衛星から宇宙エレベーターまで ー物理学の基本に立ち返って
写真提供:JAXA小泉宏之著『宇宙はどこまで行けるか』(中公新書)

【内容】 
地上から宇宙へ飛び出して、少しずつ距離を延ばし、
最後は太陽系外へ行くにはどうしたらいいか…。
話題の一冊『宇宙はどこまで行けるか』を、著者である小泉宏之さんと一緒に、
最新の研究成果を盛り込みながら読み解いていきます。
今回も物理学の基本に立ち返りながら、宇宙に浮かぶ人工衛星のしくみ、
宇宙エレベーターの実現の可能性も探ります。
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。
※オススメの参加方法:必須ではありませんが
 『宇宙はどこまで行けるか』がお手元にあるとより楽しめるはず。
 当店でもご購入いただけます。

たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き
6,000円(飲食代込み、税別)

【日時】12月23日(月)
    19:00~21:30
【定員】17名(22席に増席→満席


【ゲスト・プロフィール】
小泉宏之(こいずみ ひろゆき)
ロケットエンジン研究者
1977年東京都生まれ。2002年東京大学大学院
工学系研究科航空宇宙工学専攻修了。博士(工学)。
2003年同大学大学院研究科助手、2007年JAXA
宇宙科学研究所助教、2011年東京大学大学院工学系
研究科准教授などを経て、2015年より同大学大学院
新領域創成科学研究科准教授。「はやぶさ」イオンエ
ンジン運用および帰還時のカプセル回収隊の本部班と
してオーストラリアでの回収に従事。小型衛星に用い
るイオンエンジン など推進系の世界最小クラス開発の
トップランナー。小型衛星プロジェクトやベンチャー
企業における開発にも携わる。趣味は、コーヒー、料理、
自転車。コーヒーは豆を引いて自分で淹れるのが好き。
家の料理はほとんど自分でつくる。好きな食べ物はラーメン。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、9月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回開催予定あり)

 宇宙開発編vol.3
「超小型衛星はすごい! ーキューブサット以後の発展

超小型深宇宙探査機「プロキオン」

【内容】
いまビジネスの世界でも注目される超小型衛星。
その開発史はハワイで、しかも空き缶から始まったのでした。
手のひらサイズのキューブサット開発以降、
実用化レベルに到達するまでの挑戦の日々、
本格運用の「ほどよし」プロジェクトはいかに成功したのか・・・。
当夜は超小型衛星のスペシャリストであるゲストの船瀬龍さんと、
宇宙開発にまつわる話題にどっぷり浸かりませんか。
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレーライス付き
5,000円(飲食代込、税別)

【日時】9月20日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



ゲスト・プロフィール
船瀬 龍(ふなせ りゅう)
超小型衛星で太陽系外探査をめざす宇宙工学者。
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授(東京大学と兼務)
1979年大阪生まれ。本人の自覚はないが関西人。
2007年東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学
専攻博士課程修了。博士(工学)。世界初の超小型
深宇宙探査機PROCYON(プロキオン)のプロジェクト
マネージャを務め、平成29年度科学技術分野の文部科学
大臣表彰科学技術賞を受賞。専門は超小型衛星と深宇宙
探査機システム。モットーは「死ぬ気でやれば、
たいていのことは何とかなる」。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、1月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

 終了しました(次回4月12日開催予定)

陸貝編vol.6
「日本列島陸貝マップ」
左の大きい殻はミドリパプアマイマイ(撮影:脇 司)


【内容】
日本には800種いるという陸貝(カタツムリとナメクジ)。
地味目な種が多いが、よく見れば多様な世界が広がっている。
プライベートでは「貝屋」、研究現場では「寄生虫屋」として活躍する
脇さんが、オリジナルの視点でまとめた陸貝マップを見ながら、
お酒を片手に心ゆくまで陸貝について語りませんか。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

【日時】1月12日
    17:00~19:30(←いつもより早い時間の開催となります)
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
脇 司(わき つかさ)
貝屋。寄生虫屋。東邦大学講師。
1983年生まれ。2014年東京大学農学生命研究科修了。
博士(農学)。日本学術振興会特別研究員、済州大学校
博士研究員、公益財団法人目黒寄生虫館研究員を経て現職。
貝類の寄生生物を研究中。フィールドで見つけた貝を
コレクションしている。

お申込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、12月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回4月24日開催予定)

海編vol.37 忘年会だよ!
2分で解決!? 地球と宇宙のQ&A
  ー後藤教授があなたのギモンに答えます!



【内容】 

地震や台風、月旅行や火星有人探査など、
ほぼ毎日ニュースになる地球と宇宙にまつわる話題。
でも、どこがすごいのか、メディアではこう言っているけれど
本当のところはどうなの? というギモンを抱く人も多いのではないでしょうか。
今回は、あらかじめ用意したお題から選んでいただくギモン、
さらにあなたのギモンについて、後藤さんが各2分間でお答えします。
たっぷりのお酒、4品の料理と〆の特製カレーをご用意してお待ちしています。

 たっぷりのお酒、お料理3品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込、税別)

 ◎科学バーの取材映像:
 サイエンスチャンネル提供「NEWS mini」▷▷▷
 ◎ウェブマガジン「科学バー」▷▷▷


【日時】12月6日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 後藤忠徳(ごとう ただのり)
 海の研究者。兵庫県立大学教授。
 大阪生まれ、京都育ち。奈良学園を卒業後、
 神戸大学理学部地球惑星科学科入学。
 学生時代に個性的な先生・先輩達の
 毒気に当てられて(?)研究に目覚める。
 同大学院修士課程修了後、京都大学大学院博士
 後期課程単位取得退学。博士(理学)。
 横須賀の海洋科学技術センターの研究員、
 京都大学大学院工学研究科准教授を経て、
 2019年より兵庫県立大学理学部教授。
 光の届かない地下を電磁気を使って照らしだし、
 海底下の巨大地震発生域のイメージ化、
 石油・天然ガスなどの海底資源の
 新しい探査法の確立をめざして奮闘中。
 著書に『海の授業』(幻冬舎)、『地底の科学』(ベレ出版)
『日本列島大変動』(ポプラ社)がある。
 個人ブログ「海の研究者」は、
 地球やエネルギーにまつわる話題を扱い評判に。
 2013年春、海のふしぎ本を幻冬舎から刊行予定。
 趣味は、バイクとお酒(!)と美術鑑賞。
 ○ブログ海の研究者
 ○Web科学バーに連載「地底のふしぎ」連載中


お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

1月以降のレッスンとイベント
お申し込み受付中(1/20)
◎スヌ子お料理レッスン
2020年・新メニュー発表
おもてなし、 おてがるコース
◎科学バー魚編vol.13
1月21日(火)残席僅か受付中
◎第56回キウイ寄席
1月30日(木)満席
◎科学バー・ワイン編vol.0
2月14日(金)満席
◎第57回キウイ寄席
2月17日(月)満席
◎科学バー・新宇宙編vol.13
2月21日(金)受付中
◎ステーキ&ビフカツレッスン
2月23日(日)満席
---------------------
☆レシピ本好評発売中!
◎「系統樹マンダラ」シリーズ
国立科学博物館ミュージアムショップにて好評発売中!
◎Web科学バー(1/8更新)
ブログ(更新中)
◎スヌ子ブログ(1/4更新)
◎科学バー店主ブログ(1/6更新)
これまでの好評イベント
落語会、科学バー、中華、ポン酢味比べ
メディア掲載
◎テレビ出演(CSファミリー劇場)
◎Domani, VoCEほか多数
キッチンスタジオご利用例
料理教室、イベントなど