top > event

キウイラボがお届けする
10月以降のイベント

過去のイベント一覧(2011年〜)
イベントの様子はFacebook(キウイラボ)Facebook(科学バー)Twitter(科学バー)でも発信しています

キウイラボがお届けする、10月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中!▶▶▶

海編vol.36
「地下探査の最前線 -日本列島の地下を自分で調べよう! (仮題)



【内容】 

私たちが暮らしている日本列島の地下はどうなっているのか?
地質図、地下構造図、地震に見舞われる確率図など、
いろいろな“地図”で読み解くこともできる日本列島ですが、
実際に自分の手で地下探査をすると何が見えくるのでしょうか?
クラウドファンディング企画中の後藤さんと、
お酒を片手にどっぷり地底のはなしをしませんか。
今回は自作可能な地下探査装置のデモンストレーションもあります。
たっぷりのお酒、4品の料理と〆の特製カレーをご用意してお待ちしています。

 たっぷりのお酒、お料理3品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込、税別)

 ◎科学バーの取材映像:
 サイエンスチャンネル提供「NEWS mini」▷▷▷
 ◎ウェブマガジン「科学バー」▷▷▷


【日時】10月18日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 後藤忠徳(ごとう ただのり)
 海の研究者。兵庫県立大学教授。
 大阪生まれ、京都育ち。奈良学園を卒業後、
 神戸大学理学部地球惑星科学科入学。
 学生時代に個性的な先生・先輩達の
 毒気に当てられて(?)研究に目覚める。
 同大学院修士課程修了後、京都大学大学院博士
 後期課程単位取得退学。博士(理学)。
 横須賀の海洋科学技術センターの研究員、
 京都大学大学院工学研究科准教授を経て、
 2019年より兵庫県立大学理学部教授。
 光の届かない地下を電磁気を使って照らしだし、
 海底下の巨大地震発生域のイメージ化、
 石油・天然ガスなどの海底資源の
 新しい探査法の確立をめざして奮闘中。
 著書に『海の授業』(幻冬舎)、『地底の科学』(ベレ出版)
『日本列島大変動』(ポプラ社)がある。
 個人ブログ「海の研究者」は、
 地球やエネルギーにまつわる話題を扱い評判に。
 2013年春、海のふしぎ本を幻冬舎から刊行予定。
 趣味は、バイクとお酒(!)と美術鑑賞。
 ○ブログ海の研究者
 ○Web科学バーに連載「地底のふしぎ」連載中


お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、10月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

魚編vol.12
「魚のヒレにまつわる話 ー腹ビレが1つしかない奇妙な魚、モンガラカワハギ
ムラサメモンガラモンガラカワハギ


【内容】
亜熱帯の海に潜るとよく見かけるおちょぼ口のモンガラカワハギ。
ハデな模様が目を引きますが、セキツイ動物の中で腹鰭が1つしかないという
とてもユニークな特徴をもつ魚です。なぜそんなふうに進化したのか?
あっと驚く不思議と、お馴染みの魚の意外な生態など、
魚類学者の松浦啓一先生に詳しくお話しいただきます。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

【日時】2019年10月25日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
松浦啓一(まつうら けいいち)
魚類学者、国立科学博物館名誉研究員
1948年東京生まれ。北海道大学大学院水産学
研究科博士課程修了。水産学博士。79年、国立
科学博物館動物研究部研究官となり、室長、
動物研究部長などを務める。2013年、定年退職。
在職中、東京大学大学院理学研究科助教授、
教授を兼任した。元日本魚類学会会長。
著書に『動物分類学』(東京大学出版会)、
『黒潮の魚たち』(東海大学出版会、編著)、
『毒魚の自然史』(北海道大学出版会、編著)など多数。
『新版 魚』(小学館)ほか、図鑑の監修も多数。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、10月のイベント
☆【キウイ寄席 三遊亭遊雀のほろ酔い落語会】☆ 

満席・キャンセル待ち受付中▷▷▷


第53回「もうすぐ紅葉の季節だね」
【内容】
 当代人気噺家のひとり、
 三遊亭遊雀師匠を隔月でお迎えして、
 おいしいお酒を飲みながら、
 ほろ酔い気分で落語をお楽しみください。
 個性的なレシピで知られる料理家、
 スヌ子の特製つまみはもうひとつのお楽しみ。 
 お酒は、同じ蔵、同じ酵母の飲み比べなど、
 毎回何かしら趣向を凝らします。

 落語一席、遊雀師匠を囲んでの懇親会、
 たっぷりのお酒、スヌ子特製つまみ付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

 ◎落語会の様子はこちら▷▷▷

【日時】2019年10月29日(火
    19:00~21:30
【定員】17名(25名に増席して満席

【お申し込み】単発(1回)、3回チケットで受付いたします。


【講師プロフィール】
三遊亭遊雀(さんゆうていゆうじゃく)
昭和40年生。寄席定席にはほぼ毎日出演。
浅草演芸ホール、新宿末廣亭などでトリをつとめる。
日暮里「遊雀式 2013」など独演会も積極的に開催。
師匠は「笑点」でお馴染の三遊亭小遊三。
出演のスケジュール等はコチラをご覧ください。
三遊亭遊雀出演情報
○公益社団法人落語芸術協会、三遊亭遊雀プロフィール 
<受賞歴>
平成18年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・金賞」受賞。
平成19年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・大賞」受賞。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、11月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

 水中ロボット編vol.8
 新型G-SHOCK『GWF-D1000ARR』発売記念
「水中ロボットはいかにして進むのか 
 ー南極ROVの航法装置はG-SHOCKだった!
カシオ社サイトより(https://g-shock.jp/products/mog/frogman/rov/)
【内容】
これまで見えなかった海の中を見えるようにする研究者、
後藤慎平さんを迎えての「水中ロボット編」8回目。
世界の海で活躍する「ROV(遠隔操縦型無人潜水機)」は、
GPSなど電波の届かない水中でどうやって進んでいくのだろうか。
実は極寒の南極湖沼調査で航法装置として採用されたのはG-SHOCKだった。
今回は、ROVの航法装置の基礎から、記念モデルG-SHOCK開発秘話まで大公開!
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレーライス付き
6,000円(飲食代込、税別)

【日時】11月8日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
 後藤慎平(ごとう しんぺい)
 東京海洋大学 助教
 大阪生まれ。筑波大学大学院博士後期課程修了。
 博士(工学)。民間企業を経て海洋研究開発機構に入所。
 深海探査機の開発、運用に従事。2014年から同機構海洋
 生物多様性研究分野にて、生物研究に不可欠な海洋機器
 開発に取り組む。2015年より現職。雑誌「トラ技 jr」
 にて「深海のエレクトロニクス」を連載中。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、11月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

お申し込み受付中▶▶▶

陸貝編vol.5
「カタツムリの生存戦略 ー擬態から内臓の働き方まで
左の大きい殻はミドリパプアマイマイ(撮影:脇 司)


【内容】
大きな殻はつくるのは大変だけれど、カタツムリの身を守ってくれる大切なもの。
殻を彩る模様も彼らなりの生存戦略のひとつです。今回は、
プライベートでは「貝屋」、研究現場では「寄生虫屋」として活躍する
脇さんが、擬態から内臓の働きといったカタツムリの外見と内面の話から、
種同定のコツまでを伝授。お酒を片手に陸貝について語りませんか。
たっぷりのお酒、料理は当バーらしい4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

 たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

【日時】11月10日
    17:00~19:30(←いつもより早い時間の開催となります)
【定員】17名



【ゲスト・プロフィール】
脇 司(わき つかさ)
貝屋。寄生虫屋。東邦大学講師。
1983年生まれ。2014年東京大学農学生命研究科修了。
博士(農学)。日本学術振興会特別研究員、済州大学校
博士研究員、公益財団法人目黒寄生虫館研究員を経て現職。
貝類の寄生生物を研究中。フィールドで見つけた貝を
コレクションしている。

お申込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、9月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回開催予定あり)

 宇宙開発編vol.3
「超小型衛星はすごい! ーキューブサット以後の発展

超小型深宇宙探査機「プロキオン」

【内容】
いまビジネスの世界でも注目される超小型衛星。
その開発史はハワイで、しかも空き缶から始まったのでした。
手のひらサイズのキューブサット開発以降、
実用化レベルに到達するまでの挑戦の日々、
本格運用の「ほどよし」プロジェクトはいかに成功したのか・・・。
当夜は超小型衛星のスペシャリストであるゲストの船瀬龍さんと、
宇宙開発にまつわる話題にどっぷり浸かりませんか。
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレーライス付き
5,000円(飲食代込、税別)

【日時】9月20日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名



ゲスト・プロフィール
船瀬 龍(ふなせ りゅう)
超小型衛星で太陽系外探査をめざす宇宙工学者。
宇宙航空研究開発機構 宇宙科学研究所 教授(東京大学と兼務)
1979年大阪生まれ。本人の自覚はないが関西人。
2007年東京大学大学院工学系研究科航空宇宙工学
専攻博士課程修了。博士(工学)。世界初の超小型
深宇宙探査機PROCYON(プロキオン)のプロジェクト
マネージャを務め、平成29年度科学技術分野の文部科学
大臣表彰科学技術賞を受賞。専門は超小型衛星と深宇宙
探査機システム。モットーは「死ぬ気でやれば、
たいていのことは何とかなる」。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、10月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回開催予定あり)

新ロケット編vol.2
『宇宙はどこまで行けるか』を読み解くシリーズ
「ロケットエンジンの仕組み ー基礎から最新動向まで
写真提供:JAXA小泉宏之著『宇宙はどこまで行けるか』(中公新書)

【内容】 
地上から宇宙へ飛び出して、少しずつ距離を延ばし、
最後は太陽系外へ行くにはどうしたらいいか…。
人気企画ロケット編(2015年7月〜17年2月)から
生まれた本『宇宙はどこまで行けるか』を、
著者の小泉宏之さんと一緒に、第1章から読み解くシリーズです。
2回目の今回は、ロケットエンジンの仕組み(同書2章)をメインに、
最近よくニュースに登場する最新ロケット事情まで。
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。
※オススメの参加方法:必須ではありませんが
 『宇宙はどこまで行けるか』がお手元にあるとより楽しめるはず。
 当店でもご購入いただけます。

たっぷりのお酒、お料理4品・特製カレーライス付き
6,000円(飲食代込み、税別)

【日時】10月11日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名


【ゲスト・プロフィール】
小泉宏之(こいずみ ひろゆき)
ロケットエンジン研究者
1977年東京都生まれ。2002年東京大学大学院
工学系研究科航空宇宙工学専攻修了。博士(工学)。
2003年同大学大学院研究科助手、2007年JAXA
宇宙科学研究所助教、2011年東京大学大学院工学系
研究科准教授などを経て、2015年より同大学大学院
新領域創成科学研究科准教授。「はやぶさ」イオンエ
ンジン運用および帰還時のカプセル回収隊の本部班と
してオーストラリアでの回収に従事。小型衛星に用い
るイオンエンジン など推進系の世界最小クラス開発の
トップランナー。小型衛星プロジェクトやベンチャー
企業における開発にも携わる。趣味は、コーヒー、料理、
自転車。コーヒーは豆を引いて自分で淹れるのが好き。
家の料理はほとんど自分でつくる。好きな食べ物はラーメン。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、9月のイベント
☆【大人の科学バー】☆ 

終了しました(次回開催予定あり)

 新宇宙編vol.12
「物理学者がいま宇宙を語るときに語りたいこと



【内容】
宇宙のふしぎを物理学でひも解くエキサイティングな新宇宙編の12回目。
理論物理学者の小林晋平さんによる刺激いっぱいのトークはほぼ数式なし。
縦横無尽に行き交う思考に触れれば、モノの見え方がガラリと変わり、
いつしか世界を面白がる術が身につくはず。金曜日の夜、お酒を片手に、
ゲストの小林さんと物理的思考から無限に広がる、宇宙にまつわる話題を楽しみませんか。
料理はお酒に合う4品と〆の特製カレーを召し上がれ。

たっぷりのお酒、お料理4品、特製カレーライス付き
6,000円(飲食代込、税別)

【日時】9月6日(金)
    19:00~21:30
【定員】17名(→20席に増席しました!)



ゲスト・プロフィール
小林晋平(こばやし しんぺい)
理論物理学者。東京学芸大学准教授。
長野県生まれ。長野県立長野高等学校卒業後、京都大学理学部
入学。同大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。
博士(人間・環境学)取得。東京大学ビッグバン宇宙国際研究
センター研究員、国立群馬工業高等専門学校准教授等を経て現職。
専門は理論物理学、特に相対論・宇宙論および量子重力。
著書に『ブラックホールと時空の方程式』(森北出版)がある。
Shinpei Kobayashi’s Page

お申しみ・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、9月のイベント
☆【キウイ寄席 三遊亭遊雀のほろ酔い落語会】☆ 

終了しました(次回11月開催予定あり)


第52回「もう仲秋だね」
【内容】
 当代人気噺家のひとり、
 三遊亭遊雀師匠を隔月でお迎えして、
 おいしいお酒を飲みながら、
 ほろ酔い気分で落語をお楽しみください。
 個性的なレシピで知られる料理家、
 スヌ子の特製つまみはもうひとつのお楽しみ。 
 お酒は、同じ蔵、同じ酵母の飲み比べなど、
 毎回何かしら趣向を凝らします。

 落語一席、遊雀師匠を囲んでの懇親会、
 たっぷりのお酒、スヌ子特製つまみ付き
 5,000円(飲食代込み、税別)

 ◎落語会の様子はこちら▷▷▷

【日時】2019年9月17日(火
    19:00~21:30
【定員】17名(25席に増席して満席

【お申し込み】単発(1回)、3回チケットで受付いたします。


【講師プロフィール】
三遊亭遊雀(さんゆうていゆうじゃく)
昭和40年生。寄席定席にはほぼ毎日出演。
浅草演芸ホール、新宿末廣亭などでトリをつとめる。
日暮里「遊雀式 2013」など独演会も積極的に開催。
師匠は「笑点」でお馴染の三遊亭小遊三。
出演のスケジュール等はコチラをご覧ください。
三遊亭遊雀出演情報
○公益社団法人落語芸術協会、三遊亭遊雀プロフィール 
<受賞歴>
平成18年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・金賞」受賞。
平成19年度・国立演芸場主催「花形演芸大賞・大賞」受賞。

お申し込み・お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、5月のイベント
☆【飲みながらお料理レッスン】☆ 

終了しました


お肉の魔術師・高山いさ己シェフに教わる!
おうちで焼けるプロ級ステーキ 〜ひとり1枚ずつ編〜



【内容】
上等なお肉を奮発したとて、なかなか思いどおりに焼けないステーキ。
火力の問題? 使い込んだ鉄のフライパンがないから?
そんなお悩みに、肉王子・高山シェフのおこたえは・・・。
「ずばり!!!普通のおうちの火力でも、
 テフロンのフライパンでも、
 完璧なステーキは焼けるんです!!!」
 え〜〜〜〜!!!ほんとに!?
そんな魔法があるならどうしても知りたい!
というお肉Loverたちのご要望を受け、特別に教えていただくことに。
お肉のメカニズムを学びつつ焼き上げる、実習型のレッスンです。
一部の名店のみにしか卸していない、伝説のにぼバターのお味見も!
みなさまのご参加、お待ちしております。

ステーキ焼き実習、サイドディッシュ2品、ワイン1杯付き
 10,000円(税込)

【日時】5月26日(日)
    12:00~14:00
【定員】12名



講師・プロフィール
高山いさ己シェフ
浅草の人気焼肉店の次男として誕生、週6日焼肉を
食べて成長。18歳から料理の道へ。2002年に渡伊
後、都内数店でシェフを務めた後、2007年「カル
ネヤ」(東京・神楽坂)、2015年「カルネヤサノ
マンズ」(東京・西麻布)オープン。熟成肉の魔
術師として「キッチンが走る!」(NHK)などに
も出演。2017年煮干しの旨味を追求したパスタの
「si.si.煮干啖」(東京・日本橋)オープン、3店
舗オーナーシェフとしていよいよ脂が乗っている。
豪胆な競馬予想でも知られ、競馬専門誌に連載も。
si.si.煮干啖

お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

キウイラボがお届けする、4月のイベント
☆【飲みながらお料理レッスン】☆ 

終了しました

美人酒場 〜メイク指導とお料理


【内容】
いきなりですが、お化粧と料理は同じ。完成形に向かって
イメージをぶらすことなく作業することで、達成感と納得
いく仕上がりが叶います。とか言って、これまでのお料理
レッスンで皆さまからの「先生のメイクってナチュラルだ
けどくっきりしててお上手!」とのおだてに乗り、数名の
眉毛を整えたりアイメイクやお肌を修正したりということ
がありまして。振り返れば〝青学の藤原美智子〟と異名を
取ったこのわたくし(藤原先生すみません)、たしかに昔取っ
た杵柄とそれなりのキャリアで、皆さまをもっとすてきに
できるかも・・・そんなお題を手に、まあ早い時間から飲
みましょうかという主旨のイベントです。自らの好きな点
とそうでもない点を客観的に見なおし、いまの自分らしく
キレイになりたい! という方、またそういう景色を見な
がらワインでも飲もうかという方のご参加をお待ちしてお
ります。

メイク指導、おつまみ2品、ワイン1杯付き
 6,000円(税別)

【日時】4月27日(土)
    14:00~17:00
【定員】10名

お問い合わせ▶▶▶
 ※メールフォームで送信できないときは、info@kiwi-lab.comへ直接ご連絡ください。

ページトップへ

10月以降のレッスンとイベント
お申し込み受付中(10/17)
◎スヌ子お料理レッスン
10/20 振替・おもてなし
11/4 おむすびレッスン
☆10月以降のレッスン内容
◎科学バー海編vol.36
10月18日(金)受付中
◎科学バー魚編vol.12
10月25日(金)受付中
◎第53回キウイ寄席
10月29日(火)満席
◎科学バー水中ロボット編vol.8
11月8日(金)受付中
◎科学バー陸貝編vol.5
11月10日(日)受付中
---------------------
☆レシピ本好評発売中!
◎「系統樹マンダラ」シリーズ
国立科学博物館ミュージアムショップにて好評発売中!
◎Web科学バー(5/3更新)
ブログ(更新中)
◎スヌ子ブログ(10/16更新)
◎科学バー店主ブログ(8/21更新)
これまでの好評イベント
落語会、科学バー、中華、ポン酢味比べ
メディア掲載
◎テレビ出演(CSファミリー劇場)
◎Domani, VoCEほか多数
キッチンスタジオご利用例
料理教室、イベントなど